« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月26日 (日)

4日連続で昼寝

毎日毎日、雨ばっかり。ホントによく降りますね。

この4連休は特に用事も無く、ほとんど家で過ごしていました。

午前中にちょっと出かけて、午後は家でごろごろ・・・気がつけば、4日間毎日昼寝していました。

一方、高校1年生の二女は、この連休中も毎日朝から夕方遅くまで部活(吹奏楽部)をやっていました。

定期演奏会が近づいており、練習もヤマ場に入ってきているようです。

疲れて帰ってきて大変そうではありますが、部活に打ち込めるのが楽しくて仕方ないようです。

そんな二女がちょっと羨ましかったりします。

| | コメント (0)

2020年7月25日 (土)

居間を占拠されて

大学の夏休みが始まり、長女が東京から4か月ぶりに帰省して来ました。

授業も友達とのやり取りもオンラインばかりで、人と対面で話をする機会も少なかったはずです。積もる話もたくさんあるようですので、帰省中に家族内で十分に対話ができれば、いい気分転換になるかな・・・

・・・と気にかけるまでもなく、長女が帰ってきてからは兄弟でずーっと何かしらしゃべっています。

そう、ウチの兄弟はみんなとても仲が良いのです。

感心するのは、長女と二女、二女と長男、長女と長男、どの組み合わせでも同じテンション、同じ距離感で会話ができていることです。

大学2年生と高校1年生と中学2年生。

微妙な年頃で、ちょっと家族との距離を置きたくなる時期でもあるとは思うのですが、そういうのはウチの兄弟に限っては全く感じられません。

この連休中は家で過ごす時間が多く、常に誰かが居間にいるという状態です。

Simg_9208

日中は、長女と長男はTVゲーム。

Simg_9210

夜は二女も加わって、ジャニーズのTV番組で大盛り上がり。

ずっとTVの前を占拠されていて、こっちは観たい番組も観れません。

まあいいか。兄弟仲が良いのは大いに結構。

| | コメント (0)

2020年7月24日 (金)

ユーフォニアムケースの取っ手を修理

Simg_9194

二女が「ユーフォニアムのハードケースの取っ手が壊れた」と言って、家に持って帰ってきました。

Simg_9195Simg_9197

分解してみると、ハンドルの中に仕込まれている板ばねが劣化して破断していました。

楽器店に持ち込めば修理してもらえると思うけど、高そうだなあ・・・。

ハンドルだけを買って自分で交換してもいいのですが、ちょうど合うものを探すのが大変です。

Simg_9199

ネットで修理している記事を見つけたので、それを参考に自分で直してみることにしました。

Simg_9200

ホームセンターで1.5mm径のワイヤーを買ってきました。

Simg_9202Simg_9203

ハンドルの中から板ばねを抜き取り、代わりにワイヤーを二重巻きにして埋め込み、端は圧着スリーブでカシメて固定しました。

Simg_9205

ハンドルを固定して修理完了!意外に簡単にできました。材料費300円ちょいです。

革が傷んでいるので、ワイヤーがチラ見えしてしまいますが、まあこれならOKでしょう。

実は、このハードケースを家に持ち帰る前に、二女は持ち運びに便利な背負うタイプのソフトケースに替えていました。

このハードケースの出番はしばらくなさそうです。・・・つか、この狭いウチのどこにしまっておけばいいんだ??

| | コメント (0)

2020年7月23日 (木)

「星景写真」展を観に行きました

先日、ローカル紙の紙面で紹介されていた大西浩次さんの「星景写真」展を観に行ってきました。

「星景(せいけい)写真」というのは、地上の風景を入れた星の写真のことだそうです。

昔はそんな言葉なかったけどな・・・と思いながら、どんなものか興味津々です。

Simg_9117

自宅からクルマで約30分、小川村郷土歴史館の駐車場に到着。

Simg_9118

駐車場のすぐ横に「旧上水電気発電所資料館」という名の小屋が建っていましたので、ちょっと覗いてみました。

Simg_4007

中は昔の発電所の機械類が雑然と置かれているだけの簡素なものでしたが、そんな中でもレトロな配電盤に目が釘付けでした。

Simg_9186

この敷地内にあるのは、この村に移築された旧長野県知事公舎です。昔からここにあるのは知っていましたが、ここまで来たのは初めて。しかし今回の目的はこの建物ではありません。

Simg_9185Simg_9184

すぐ隣の郷土歴史館(ふるさとらんど小川)で写真展が行われていました。

Simg_9162

予想通り、お客さんは1組もいませんでした。人目を気にせずにゆっくりと鑑賞することにしました。

Simg_4018Simg_4017

いやいやこれは・・・。想像していたのより風景写真の要素が強く、撮影者のテーマがはっきりとしている芸術的な作品でした。

Simg_4011_20200724180201

自分的には、撮影データが気になります。ほとんどの写真が数秒~数十秒の露出で撮られていることにびっくりです。

Simg_9182

ロビー側には地元の小川村で撮影された作品が展示されていました。

Simg_9166

こんなに立派な巨大タペストリーがありました。迫力がすごい。

今日の展示会で印象的だった作品を2つ。

Simg_9132
「星舞う雪山」(クリックで拡大表示します)

オリオン大星雲(M42)が唐松岳に沈むところを捉えていますが、まるで合成写真です。

露出はなんと1秒!30年以上昔の天文少年時代の知識からすると、こんな写真が撮れることが信じられません。

Simg_9152
「思索する宇宙」(クリックで拡大表示します)

人が写っていることで、宇宙の中にいる自分という小さな存在を際立たせています。モノクロで、かつ輝きを強調した星空が効果的です。

これも露出はたったの20秒。レンズはニコンの24-70mmの広角ズームで、F2.8だって。それでこんな写真が撮れるのか・・・。

家に帰ってからいろいろ調べてみましたが、もう天体写真は昔と違ってめちゃめちゃ進化していて、ちょっとすぐにはついていけない感じでした。

自分が天文少年だったころは、フィルムはトライXとかエクタクロームとか使ってて、赤道儀にカメラを取り付けて、手動ガイドとかしてましたからね・・・。隔世の感を禁じ得ません。

今日展示されていた写真は、どれも数十万円するレンズを使っていますので、ちょっとすぐには手が出ませんが、また気持ちが向いたら天体写真を始めてみるのも面白いかな、と思いました。

Simg_9188

せっかく小川村まで来たので、久々に道の駅に立ち寄りました。

Simg_9189

味菜」のおやきと「パチョコ」の豆腐ナゲット、産直野菜を仕入れてきました。

この立派なスイカ、なんと500円!

Simg_9192

・・・割ってみたら、見事な空洞果でした。 

でも、味はとても良かったです。みんなで美味しくいただきました!

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

ギター型キーカバー

お気に入りのギター型キーカバーが、ぼろぼろになってきました。

Simg_90581
(画像を加工しています)

もう2~3年使っているからなあ・・・。

Simg_9059

全部で6色入りのこのキーカバーも、ついに最後の1個になりました。

これは、アメリカにいた時に、カミさんにプレゼントしてもらったものです。

Simg_90601
(画像を加工しています)

ストラトテレキャスを足して2で割ったような絶妙なデザインです。おしゃれでしょ?

これがダメになったらまた新しいの欲しいんだけど、同じやつはもう売っていないですね。

何か良いキーカバーないかな?

| | コメント (0)

2020年7月18日 (土)

音楽プレイヤーアプリで悩んだ結果

先日の話のつづき。

Google Play Musicはどうにも気に入らない点が多く、別の音楽プレイヤーアプリをいくつか試してみることにしました。

評価のポイントは、

・サクサク動くこと
・文字化けが少ないこと
・曲が検索しやすいこと
・アーティスト画像の表示が無い、または変更が簡単なこと
・表示のカスタマイズ性が高いこと

としました。

1.HUAWEI 「音楽」

Smusic

スマホにもともと入っているアプリです。

Shuawei-b

アルバムの一覧は、まあまあ見やすいです。文字化けもほとんどありません。

Shuawei-a
アーティストの一覧もまあOK。アーティスト画像は自分で操作しない限り、アルバムアートが表示されます。

ただし!

「アーティスト」の下の階層に「アルバム」という階層が無く、そのアーティストの曲がアルバムごとではなく、曲名順に一覧で出てきてしまいます。

つまり、「あのアーティスト」の「あのアルバム」を聴きたい、という検索ができないわけです。これは致命的欠点。

しかも、取り込んだ曲数が多いせいか、動きが悪く、ときどき固まってしまいます。

こりゃダメだあ・・・。

評価:×

2.Pulsar

Spulsar

無料アプリの中では割と評判が良かったので、真っ先にダウンロードしてみました。

Spulsar-b

アルバム一覧はけっこう見やすいかな。ところどころ文字化けがあるけど、まあ許容範囲です。

評判どおり、サクサクと軽く動くので操作性は悪くありません。

無料アプリなのに広告が無いのも好感が持てます。

Spulsar-a

アーティスト画像は、間違いが多いな・・・。

一応、自分で修正できるけど、いちいち直していくのがめんどくさいです。

Spulsar-c

アーティスト画像を表示しない設定にすると、画像が全部人影になってしまいます。まあこれでもいいけど、何か気持ち悪いです。せめて、画像無しのテキストだけの一覧表示ができればいいのにな・・・。

評価:△

3.Rocket Player

Srocket

iTunesとの連携が良い、みたいなことがレビューに書いてあったので、ためしにダウンロードしてみました。

Srocket-a

アルバム一覧の見やすさはまあまあだけど、ちょっとアイコンが大きすぎるかな。

あと、文字化けがひどい。日本語表示の大部分が正しく表示されません。
(別途、文字コード変換アプリをインストールすれば良いらしいのですが・・・)

Srocket-b
アーティスト画像は基本が表示無し。いや、人影アイコンは要らないんだけどな・・・。

あと、一番気になるのが広告入りってところ。無料アプリだから仕方ないけど、ちょっとこれはないわー。

評価:×

4.Poweramp

Spoweramp

「最強アプリ!」みたいな紹介をされていたので、これもダウンロード。

Spoweramp-b

うれしいことに、「アーティスト別アルバム」表示があります。この画面が一番検索しやすいですねー。

Spoweramp-a

アーティスト画像も設定できますが、「表示しない」を選ぶと、代わりにアルバムアートが表示されます。これなら違和感がありません。

文字化けもほぼ皆無(このアプリ内で文字コードを変換できる)、動きもサクサクと軽快で全く問題ありません。

一番気に入ったところは、とにかくカスタマイズ性が高くて、自分の使いやすいように変更できる設定が数多く用意されていることです。

確かにこれなら「最強アプリ」と言ってもよいでしょう!

有料アプリですが、これで約500円なら安いものです。

ということで、これに決まり!!

評価:◎

-----

ここまでにさんざん悩みましたが、ようやく自分好みのアプリに出会えました。

しばらくは「Poweramp」で音楽を楽しんでいきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

お好み焼き&ビール

今夜のメニューはお好み焼き。

Simg_9014

オタフクソースのパッケージ裏面に書いてあるレシピの通りに作れば、間違いなくウマいお好み焼きが作れます。

Simg_9017

そして、お好み焼きにはビールが合う!

昔、キリンの一番搾りのCMで、緒形拳と村田雄浩がお好み焼きを食べながらビールを飲んでいたのが、とても美味しそうだったのを良く覚えています。(検索したけど、まったく見つからなかった・・・)

ビールに合う食べ物といえば、カレーピザに次いで、お好み焼きかな!

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

1日134歩

今日も朝から雨模様。毎日毎日、まったくよく降りますね・・・。

特に予定も無く、外に出る気にもならず、一日中家の中で過ごしていました。

午前中はギターをいじって、昼過ぎからたっぷりと昼寝をして、夕方パソコンをいじって、早めに風呂に入って、ゴロゴロしながらテレビを観て・・・。

今日はホントになんにもしてないなーと思って、ふとスマホの歩数計を見たら・・・

Simg_9019

本日の歩数134歩だって!

基本的にスマホはいつもベルトホルダーに入れて持ち歩いているので、それほど間違っていないはずです。歩数が少なすぎて、思わず笑ってしまいました。

Simg_9018

ちなみに、昨日は13,369歩。平日はだいたい10,000歩以上は歩いています。

ってことは、今日の歩数は平日の100分の1か!

まあ、平日いっぱい歩いているので、たまにはいいかな?

| | コメント (0)

2020年7月10日 (金)

Google Play Musicの良いところ、ダメなところ

Google Play Musicを使い始めて一週間、良いところとダメなところが見えてきました。

<良いところ>

1.音楽データのオンラインストレージとして使える

Google Play Musicに音楽データをアップロードしておくということは、音楽専用のオンラインストレージを持っているということになります。パソコンに入っているiTunesのデータは、外付けハードディスクにバックアップを取ってはいますが、クラウド上にいつでも聴ける形で置いてあるというのは、何とも安心感があります。

2.必要に応じてダウンロードしてオフライン再生ができる

ストリーミング再生に今イチ馴染めない自分でも、ダウンロードして自分のスマホに入れておけば、Wi-Fiが無い場所でも通信量を気にせずに再生できます。

3.iTunesとの連携が意外に良い

iTunesの音楽データが入っているフォルダを選択しておいて、「常にGoogle Playを最新の状態にする」にチェックを入れておくと、iTunesで新しいCDを取り込むたびに勝手にアップロードしてくれます。

<ダメなところ>

1.操作感が今イチ

オンライン再生なので仕方ないのですが、動きがちょっともっさりしていてサクサク感が薄いです。あと、操作が直感的に分かりにくい、何ともいえない洗練されていないデザインがあまり好きになれません。

2.カスタマイズがほとんどできない

設定をいじって自分なりに使いやすくできればよいのですが、デザインや操作性を自分でカスタマイズすることがほぼできません。

3.文字化けが多い

データを取り込むとき、日本語の表示が文字化けしてしまうものが結構あります。一応、直すことはできますが、ちょっと面倒です。

4.アーティスト写真の間違いがめちゃ多い

これが一番ダメなところ。

Sscreenshot

このように、取り込んだ曲はアーティスト別に画像が表示されるのですが、このアーティスト画像はアプリが勝手に選んできたもので、その間違いがやたらと多いのです。

Smiyamoto

エレファントカシマシの宮本浩次(ひろじ)が、同姓同名で漢字表記も同じ別人ミュージシャン宮本浩次(こうじ)になってしまうのは、まあ百歩ゆずって許そう。(いや、それにしても圧倒的に知名度が低い方をなぜGoogleが選んだのか謎)

Sootaki

大瀧詠一(『瀧』の字が違うのはiTuensの方を直していなかったせい)が森進一になってしまうのはなぜ?Googleは、あの曲に敬意を表しているのか?

Sishino

名字しか合ってないじゃん!

Snakajima

下の名前しか合ってないじゃん!!

Smashima

誰?これ?・・・竹島宏??「島」しか合ってないじゃん!つか、誰やねん!!

Sshiina

・・・???似ても似つかない。誰やねん?・・・蝦名恵??「名」しか合ってないやないか!Googleどないしてん!

Sendoh

もはや性別すら合ってないやないかーい!!!

しかも最悪なことに、このアーティスト画像はGoogleが勝手に選ぶくせに、自分では変更も削除もできないのです。なんやねん、その仕様!意味不明です。

おそらくパソコン上のiTuensの方でアーティスト画像を選んで転送すれば直るのかもしれませんが、iPod classicにはアーティスト画像の表示機能が無かったので、今まで一度も気にしたことはありませんでした。今さらiTunesでちまちまとアーティスト画像を作る気もありません。

だったらGoogle Play Musicで、画像無しでアーティスト名だけのリスト表示にできればいいものの、それすら変更できないというポンコツぶり。

別にアーティスト写真なんて、音楽を聴くうえでは大して意味が無いはずなのですが、アプリ上で曲を検索するときって、ふつうは曲名よりもアーティスト名から探しますよね?そのたびに違う人物の画像見せられるのって、気持ち悪くないですか?

あまりにも残念な仕様です。

Google Play Musicは割と使えると思ったのに、これで気持ちが揺らいできてしまいました・・・。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

ツリーチャイム製作5日目~ようやく完成!

2月からだらだらと続けている、ツリーチャイム製作。

前回まででようやく形らしくなりましたが、見た目だけをもうちょっとカッコよくしたいところです。

そこで、カミさんにお願いしました。

「ツリーチャイム用にチョークアートで絵を描いてくれない?」

・・・快く引き受けてくれました。

Simg_8876Simg_8870

こちらでイメージを伝えて、片面は花の絵、もう片面は幾何学模様を描いてもらいました。

Simg_8853

期待以上の出来栄えです!さっすがー!

Simg_8855

さっそくこの絵をツリーチャイムに取り付けてみます。金具用に穴をあけて・・・

Simg_8857

本体の方にも穴をあけた木片を取り付けます。パイプの交換や糸が切れたときなどのメンテナンス性を考えて、取り外し可能なようにL字金具でねじ留めしました。

Simg_8858

表裏に木工用ボンドでチョークアートの絵を貼り付けて・・・

Simg_8952 Simg_8953

でけたー!

なんか工芸品っぽくなりました。いい感じです。

Simg_8959

シンバルスタンドに取り付けて、カホンと組み合わせました。

うん、いいね!絵になるなー。

Simg_8954

こうやって演奏できればカッコいいですね。

いくら見た目は良くても、音はちょっとアレなので、気が向いたらいずれパイプを真鍮製か何かに交換するかもしれません。

というか、それ以前にバンドを辞めてしまったので、これを演奏する機会がないのですが・・・(ゴニョゴニョ)

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

行き着いた先が Google Play Music

iPodが壊れてしまってからの話は、まだ続きます。

今後はスマホで音楽を聴くことに決めたものの、スマホに音楽データを丸ごと移すと、約50GBの容量が食われてしまいます。

今のスマホには64GBのSDカードが入っているから、まあ足りることは足りるけど、他の動画とかを入れる余裕がありません。

いずれ、もっと大容量のSDカードが必要になるかな・・・

試しに、アルバム数枚分のデータをスマホに手動で移し、スマホにもともと入っている音楽プレイヤーで再生してみました。

Sscreenshot_20200705_230525_comandroidme

・・・なんか、慣れないせいか、使い勝手が今イチ。

じゃあ、AndroidならGoogle Play Musicかな、と思いどんなことができるのかちょっと調べてみました。

すると、自分が持っている音楽データをアップロードして、自由にストリーミングできる機能があるとのこと。しかも無料で。

そうか!その手があったか!

音楽データを全部アップロードしてしまえばスマホの容量を気にしなくていいし、自宅のWi-Fi環境だったらデータ通信量を気にせずにストリーミング再生すればいいわけです。

目からウロコです。さっそく手持ちの音楽データをアップロードしてみました。

Sscreenshot_20200705_233717_comgoogleand

全部アップロードするのに、丸々24時間かかりました。

操作はまだ馴染めませんが、そんなに悪くはなさそうです。

自分にとってこれがベストかどうかは分かりませんが、しばらくこの環境で使ってみようと思います。

また後日、使ってみた感想など書いてみます。

| | コメント (2)

2020年7月 3日 (金)

iPodに代わるもの

さてさて、iPod classicが壊れてしまった今、それに代わるものが必要です。

自分が保有している約12,000曲、約50GB分の音楽をこれからどうやって携えていけばいいのか。いくつかパターンを考えてみました。

1.iPod touchを買う

メリット:今のiTunesのデータをそのまま使えて、今までと同じ感覚で音楽が持ち歩ける
デメリット:スマホみたいなものをもう一台持つのが気持ち悪い。そして30,000円以上の出費が痛い

2.全く別の大容量音楽プレイヤーを買う

メリット:小型で安いモデルがいくらでもある
デメリット:iTunesとの連携が切れてしまい、音楽の管理が面倒

3.スマホのプレイヤーを使う

メリット:現状の端末をそのまま使えるので、投資が不要
デメリット:スマホのバッテリーやメモリを音楽に占有されてしまうのが嫌。そもそも何か嫌。

・・・悩みに悩みましたが、こうしてまとめてみると、3.が一番デメリットが少ないと思われます。

そもそも、何で自分はスマホで音楽を聴くのが嫌なのか。

・・・何でかな?

3.のデメリットを挙げてみたけど、スマホのバッテリーはそれほど食うわけでもないし、メモリだってSDカードを足せばたいした負荷にもなりません。そんなに大きなデメリットではないはずです。

・・・何で嫌なのかな???

おそらく、自分は音楽を所有したいだけなんだと思います。そしてそれが目に見える形で、手元に置いておかないと満足できないのです。

Sdscf3223

iPod classicにこだわっていたのは、あの手のひらサイズの中に、自分が今まで聴いてきた曲のほとんどすべてが入っているという、優越感を得るためだけだったのです。

スマホはあくまでもネットにつながるデジタル端末で、音楽プレイヤーとは別であるというおかしな妄想に取り付かれているから、スマホで音楽を聴くのが嫌なのだと思います。

・・・こうやって、自分なりにいろいろ考えていくうちに、だんだん気持ちが整理されてきました。

やっぱり、スマホで音楽を聴くのが一番便利なはずです。iPodが壊れてしまった今が、ちょうど切り替えどきです。

よし!じゃあ、今の音楽データを全部スマホに移そう!!

(この話はまだ続く・・・)

| | コメント (0)

さよなら iPod

お別れは突然やってきてしまいました。

先日、愛用のiPod ClassicにCDの音源をコピーするため、いつものようにパソコンにつないで同期をしていました。

ずいぶんと同期に時間がかかるな・・・と思って画面を見たら、同期は終了しているのに「終了しました」のメッセージが出ていない状態になっていました。

パソコン上でiPodの取り外し操作ができなかったので、とりあえずそのままケーブルを外してみたところ、iPodが固まって操作を受け付けなくなっていました。

ときどきこういうことはあるので、メニューボタンとセンターボタンを長押しして、iPodの再起動をしました。

すると・・・

Simg_8948

「ミュージックがありません」の表示。

いやいやいや、「ありません」じゃないでしょ。この中には長年かけて取り溜めた曲が12,000曲以上入っているはずなんだけど。

落ち着いて「設定」の画面に行くと、確かにiPodの中に約50GB分のデータは残っていました。何かの不具合でデータが読み出せない状態になっているようです。

もう一度パソコンにつないで、iTunesを立ち上げると・・・

Photo_20200705175701

「問題のあるiPodを見つけました」だと。

「このiPodを復元する必要があります」との指示なので、「OK」をクリックしました。

Photo_20200705175702

まあ、パソコンには全部データが残っているから、復元(初期化)してまた読み込ませればいいか・・・

ってことで、ためらわずに「iPodを復元…」をクリックしました。

復元後、パソコンの画面を見ると、また「問題のあるiPodを見つけました」の表示が現れました。

ここから無限ループが始まりました。何度復元しても、ケーブルを抜き差ししても、iPod本体を再起動しても、同じ画面の繰り返しです。

やばい・・・ついに壊れたか・・・

iPod classicはハードディスク仕様なので、いつかは壊れるというリスクを承知のうえで、覚悟を決めて使っていました。

しかし買ってから約7年、こんなに早くこの時が訪れるとは・・・

iPod classicは、とっくに販売もサポートも終了しているので、もう修理はできません。

新品を買おうとすると、ネットで50,000円くらいの法外な値段をしているし、中古品は市場にいくらでもありますが、良品が確実に手に入るという保証がありません。

いよいよiPodとお別れをするときが来てしまいました。大事に使って、一生モノにするつもりです!なんて言っていたのに・・・

ついこの間、ワイヤレス化して浮かれていた矢先だっただけに、ショックが大きく、数日間は寝ても覚めても、仕事中も食事中も、これからどうするかばかり考えていました。
(ウソ。でもちょっとホント)

うーん、悩む・・・

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »