« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月27日 (日)

今さら「半沢直樹」

ドラマ「半沢直樹」、大人気ですね。

ちょうどこれを書いている今、最終回が放送中ですが、自分は観ていません。大ブームになった前回のシリーズも含めて、このドラマは全く観たことがありません。

別に嫌いという訳ではないのですが、もともとTVドラマを観る習慣があまりないので、なんとなくここまで来ています。

ただし、ここまで人気があるのだからどんなものか興味があって・・・

S51hp9w7ge5l_sx323_bo1204203200_

遅ればせながら、原作(第1作『オレたちバブル入行組』)を読んでみました。

いやー、これは面白い!サラリーマンを主人公としたエンターテイメントとしては最高に面白いです。

悪者は徹底的に悪く描いていて、それをコテンパンに叩きのめすという分かりやすい勧善懲悪ものです。

でもね・・・

全編パワハラの応酬で、ちょっと引いてしまいました。こんなのがもし現実の会社で行われていたら、絶対に訴えられるレベルです。

それに、ちょっと主人公が怖すぎじゃない?つか、正義かもしれないけど、恫喝、恐喝、時には(軽くではありますが)暴力、これってヤミ金の取り立てと大差なくね?と思ってしまいました。

この過剰なくらいの表現が人気の秘密なんでしょうね。特にTVドラマはそれを一段と際立たせて大げさにしているのが受けているのだと思います。

池井戸潤の作品では、他に「下町ロケット」(第1作のみ)と「陸王」も読みましたが、どちらも抜群に面白かったです。

どちらの作品も中小メーカーの奮闘がテーマですので、銀行が舞台の「半沢直樹シリーズ」よりも自分に近い感じがして感情移入しやすかったですし、何よりもモノづくりに懸ける熱い想いというのがとても共感できました。

この3作品の中で一番胸アツだったのはやっぱり「陸王」ですかね。

暇を見つけて、他の池井戸潤作品も読んでみたいと思います。

| | コメント (0)

鉄火丼&ビール

「今日の夕食どうする?」

「また鍋にしようか?」

カミさんと買い物に出たときそんな話になりましたが、「2週連続で鍋にはまだ早い!」という自分の意見を押して・・・

Simg_0011

よさそうなマグロの赤身を見つけたので、今夜は鉄火丼になりました。かつおのたたきとアボカドとすりおろした山芋を追加して、ボリュームアップ。

刺身とビールも合うなー!(発泡酒だけど)

自分で作ったかのように偉そうに書いていますが、自分で実際にやったことは、のりを刻んだだけです。

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

アンサンブルコンテストに向けて

ウチは高校1年生の二女と中学2年生の長男の二人がそれぞれの学校の吹奏楽部に所属して活動しています。

担当楽器はこれまた二人ともユーフォニアム。

小学校で始めたマーチングで担当してから、ユーフォニアム一筋です。おかげでウチにはユーフォニアムが2台あります。

今年は吹奏楽連盟が主催する夏のコンクール(通称『夏コン』)はすべて中止となってしまいましたが、この冬から春先にかけて行われるアンサンブルコンテスト(通称『アンコン』)は、今のところ予定どおり開催されることになっています。

ちょうど今がアンコンに向けて編成や曲を決める時期に差し掛かっています。

先週、二女はめでたくアンコンの花形である金管八重奏(通称『キンパチ』)のメンバーに選ばれ、曲も決まったといってさっそく練習を開始したそうです。

長男も「キンパチ」のメンバーに選ばれ、あとは曲決めという段階になりました。

そして今日、「曲が決まったよ!」と言って長男が部活から帰ってきました。

その曲とは・・・

なんと、二女と全く同じ曲!!

ということは、二女と長男はそれぞれ別の団体に所属していながら、同じ編成、同じパートで、同じ曲を演奏するのです。

なんという偶然!!

二女と長男は、小学生のときはマーチングの全国大会で二人並んで行進し、中学生のときは管楽合奏コンテストで二人並んで演奏しました。同じ団体に属していて、同じパート担当なので当然と言えば当然の話です。

しかし今年から二女が高校に進学して学校が分かれたため、もう一緒に同じ曲を演奏することはないはずでした。それが、まさかこんな形でシンクロするとはね。びっくりです。

夕方帰宅した二女がそれを知ると、「え~!何それぇ~!!」とあからさまに嫌な顔をしました。

まあ、嫌がる気持ちも分かるけどね。仕方ないね。本当に偶然なんだから。

Simg_00031

長男はさっそく音源を聴きながら、配られた楽譜を読み始めました。

「強弱がヤバい」「三連符が多い」「マジでむじぃ」と長男。

本来は高校生向けくらいのレベルの曲なので、中学生にとってはハードルが高そうです。

いいねー。目標は高い方がやりがいがあるぞ!今期のアンコン、楽しみにしてます!!

| | コメント (0)

「普通家族ろびんそん」閉鎖のお知らせ

詳細はこちらをご覧ください。

| | コメント (0)

「普通家族ろびんそん」閉鎖のお知らせ

ちょっと残念なお知らせです。

2002年から続けてきたホームページ「普通家族ろびんそん」を閉鎖することにしました。

理由は、現在利用しているSo-netが、来年の1月26日をもってホームページのサービスを終了してしまうからです。

現在のホームページは、年に1回トップページのイラストを更新するだけで、あとは自分とカミさんのブログの入り口だけみたいな、あまり存在価値のないものになっていたので、これを機に閉鎖してもいいかなと判断しました。

思い返せば、せっかくデジカメを買ったし子供の成長記録でも作ってみようか、と軽い気持ちでホームページを立ち上げたのが2002年の5月。当初は、ホームページを作ること自体が楽しく、まめに日記を更新していました。

そのうち子育て日記だけでなく、お気に入りのモノを紹介したり、二女の妊娠記録を載せたり、幼稚園に通い始めた長女のお弁当の写真を載せたりと、いろんなコンテンツを作り、さらにはトップページのイラストも毎月更新していました。

しかし、2005年にこのブログを始めてからは、ホームページの存在意義がだんだん薄れてきて、2006年にはホームページの日記を完全にブログに移行してしまいました。

今や個人でホームページを運営している人なんて相当少ないでしょうね。So-netの判断も、時代の流れから言って当然のことでしょう。

ということで、現在「普通家族ろびんそん」のブックマークを登録している方(と言っても、全世界で2人くらいしかいないと思いますが)は、このブログへの直接リンクへ切り替えていただければと思います。

今後とも引き続き「とーちゃんの独り言」をよろしくお願いします!

(なんか真面目になっちゃった)

| | コメント (2)

2020年9月25日 (金)

激アツ!横山健のブログ

ツイッターで流れてきた、Hi-STANDADのギタリスト横山健のブログ

「宮本浩次」というタイトルのその文章をなんとなく読み始めたら止まらなくなってしまい、かなりの長文にもかかわらず一気に読んでしまいました。

いやー、熱い熱い。

こんなにも熱烈な宮本浩次愛を連ねた文章は読んだことがありません。しかもバリバリ現役の一流のプロミュージシャンが、いちファンのようにストレートに愛を唱えていてちょっと笑ってしまうくらいです。

その一方で、横山健が参加した曲「Do you remenber?」の制作にいたる裏話もミュージシャンならではの視点で詳細に書かれていて、新しく知った事実がてんこ盛りでした。

横山健のブログを読んでからあらためてこの曲を聴きなおすと、8兆倍(※)楽しめます。
(※©ハライチ澤部)

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

久々の音楽イベント

この連休中、長野市内で表参道芸術音楽祭というイベントが行われました。

長男が参加している中学校の吹奏楽部も、このイベントで演奏する機会をいただきましたので、カミさんと一緒に観に行って来ました。

Simg_9945

会場は長野市の中心地、セントラルスクゥエアです。今までしょぼい駐車場だったのが、立派なステージを含む公園として今年再オープンしました。

Simg_9951

ステージと観客席の周りはフェンスで囲われており、観覧するためには入口で検温しないといけません。検温が済むと、目印に紙テープを腕に巻いてもらいます。

Simg_9948

ステージではちびっ子たちのダンスチームが発表をしている最中で、大勢の観客で賑わっていました。

ちびっ子たちのダンスが終わると観客が一気に減ったので、最前列の空いている席に座って観ることにしました。

Simg_9954

ウクレレのアンサンブルの発表がありました。

演奏は拙いところもありましたが、演者の人たちが本当に楽しそうで、とても気持ちよく聴くことができました。演者の中にはカホンを叩いている人もいて、その姿に自分がオーバーラップされてきて、心なしか目が潤んできました。

・・・ああ、音楽っていいなあ。

かつては自分もステージに立つ側だったことを思い出して、ちょっと胸の奥にチクッとしたものを感じてしまいました。

やがて、長男たちの出番がやってきました。

中学校の吹奏楽部全体の演奏を聴くのは、昨年11月のイベント以来ですから、なんと10か月ぶり!そして、今年の1年生が加わっての演奏を聴くのは初めてです。

演奏自体はまだ不安定な部分もありましたが、よく音が出ていたし、先生も楽しそうに指揮を振っていたし、観ていて感動が溢れてきました。

何よりも大勢の観客の前で演奏できる機会が得られたことは、子供たちにとっては大きな意味があることだと思いました。

この先も、いくつか吹奏楽のイベントが予定されています。

長男は日々練習に励んでいますので、その成果を楽しみにしたいと思います。

Simg_9959

会場を立ち去る直前、エレカシの曲を弾き語りで歌う女性の声に心を奪われてしまいました。

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

しゃぶしゃぶ&ビール

日に日に涼しくなっていく今日この頃。

夏が好きな自分としては、寂しさを感じる季節でもあります。

Simg_9939

鍋ものの季節にはまだちょっと早いですが、今日の夕食は今季初のしゃぶしゃぶにしました。

しゃぶしゃぶのお供は、やっぱりビールです!(発泡酒だけど)

久しぶりでウマー!

しゃぶしゃぶのたれは、ごまだれに七味を振ったのが一番好きです。今日のヒットは、スライスしたレンコンだな。

みんな食べ終わった後も、お酒をちびちび飲みながら、1時間以上延々とひとりでしゃぶしゃぶしてました。

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

リュック買い替えました

現在、メインで使っているリュック。

Simg_9960

アメリカのアウトドアショップブランド、REI製のものです。日本では手に入らないレア物で、10年以上前に買いました。通勤で毎日背負っているだけでなく、プライベートでもよく使っていました。

Simg_9962Simg_9961

しかし、最近になって肩ベルトの付け根が破れてきてしまいました。さすがにこれだけ使えばそろそろ買い替え時かな・・・。

先週末、新しいリュックを買いに、市内のアウトドア店を3店、ディスカウントストアを1店回ってみました。

しかし、さんざん見て回ったのに気に入ったものが見つからず、買えずに帰って来てしまいました。

デザインは、今はボックス型とかスクエア型とか言われる四角いタイプが流行りなので、それにしようかと思ったけど、今イチしっくり来ません。どうしようかな・・・。悩み始めてしまいました。

翌日、カミさんと一緒に同じ店に行って見てもらい、「これでいいんじゃない?」と言われたボックス型のものを買おうとしましたが、「ネットで買った方が安いから、型番だけ控えとく」と言って、その店では買いませんでした。

帰宅後、パソコンを開いてその型番のリュックを見つけてポチろうかと思ったところで、また迷いが生じてしまいました。

ネットショップだと、さらにいろんな種類のものが溢れているので、もうちょっと探してみるか、と思って見始めてしまったのです。

もうここから泥沼。アマゾンから楽天から、メーカーの公式サイトまで、ありとあらゆる種類のリュックを見倒して、ずぶずぶにハマってしまいました。

もう見すぎて、しまいにはどんなリュックが欲しいのか自分で分からなくなってしまいました。

こりゃダメだあ~!と、1回パソコンは閉じて、しばらく頭を冷やすことにしました。

数日後、もう1回冷静になって考えてみました。

そもそも、今使っているリュックに何か不満はあったっけ?無いよね?だったら、同じようなモデルを買えば良くね?

そう考えると、それほど迷うことはなく、あっさりと見つけることができました。

そして、ポチッと。

Simg_9963

買ったのは、コロンビアのこれ。オーソドックスなラウンド型で、今まで使っていたものと色も揃えました。

Simg_9964

ポケットも多いし、だいぶ使いやすそうです。あー、買えてよかった。

カミさんがリュックの口を開けたところを見てひとこと。

焼きいもみたいだね」

・・・確かに。

まあいいや。これから大事に使っていきます!

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

ちょっと残念な出来事

世の中のいろいろなライブやイベントは、ようやく徐々に再開されつつあります。

エレファントカシマシの恒例野音ライブも、感染対策を取りながら今年も開催されることになりました。

エレカシの野音チケットは大人気で、今や簡単に取ることはできなくなりました。なおかつ今年は収容人数を50%以下に制限する形での開催とのことなので、さらに激戦となります。

それを承知で一般抽選の申し込みをしました。最近はもう、ライブに飢えているので、行きたくて行きたくてたまらなくなっているのです。

野音のチケット申し込みなんて、10年ぶりくらいかな?(実際に行ったのは1996年と2000年の2回だけ)

そして今日、一般抽選の当選発表日となりました。

それでも奇跡を信じて、ちょっとドキドキしながらウェブサイトに確認しに行くと・・・

Photo_20200920215701

・・・やっぱりダメだったかー。そりゃそうだよなー。

気を取り直して、今日の夕方からの別のライブ配信を待つことにしました。

今日明日と、ニューアコースティックキャンプというフェスが群馬県で行われているのです。

このフェスは割と自分好みのミュージシャンが多く出演するので、いつか行きたいと思っていました。

今年こそは!とひそかに狙っていたのですが、今年は規模が大幅に縮小されたうえに、リピーターのみ入場可という制限がかかってしまったので、あきらめていました。

そんな折、このフェスが無料で配信され、しかも自分が好きな真心ブラザーズが出演するという嬉しいニュースを聞き、配信を観るのを楽しみにしていたのです。

もうフェスは始まっているはずだからなーと思って、YouTubeを開いてみると、何やら会場の案内をしている動画が流れてきました。何かライブ配信にしては雰囲気が違うな・・・と思ってよくよく動画の下の説明文を読んでみると、「ニューアコの世界観が楽しめるオンライン配信『New Acoustic ONLINE Camp 2020』」と書いてありました。

つまり、YouTubeで配信されるのはステージの模様ではなく、会場の雰囲気を伝えるための紹介映像だったのです。

ズコー!

完全にライブ配信があるのかと勘違いしていた!

・・・今日はちょっと残念な出来事が2つもありました。

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

「宮本浩次バースデイコンサート at 作業場」のDVD観ました

宮本浩次のシングル「P.S. I love you」を買いました。

シングルだけだったら買わなかったかもしれませんが、お目当ては初回限定盤に付いてくるDVDです。

今年の6月にWOWOWのWEB会員限定で無料配信が行われた、弾き語りライブの完全版が収録されているのです。これはもう、買うしかないでしょ!

シングル曲を聴くよりも先に、PCにヘッドホンという体制で集中して鑑賞しました。

うーん、いい!これはイイ!!感動!!!

[第一部]
1. 夜明けのうた
2. 冬の花
3. 孤独な旅人
4. 悲しみの果て
5. 解き放て、我らが新時代
6. going my way
7. きみに会いたい -Dance with you-
8. 獣ゆく細道
9. 俺たちの明日
10. 赤いスイートピー
11. 珍奇男
12. デーデ
13. 明日以外すべて燃やせ
14. 旅に出ようぜbaby
15. 昇る太陽
16. ハレルヤ
[第二部]
17. 月夜の散歩
18. Fight! Fight! Fight!
19. 赤い薔薇
20. 今宵の月のように
21. Do you remember?

以下、印象に残ったことをひたすら列記します。

・本編前のリハーサル風景、気合が空回りしてる感じだけど、大丈夫?
・リハーサルのとき、左手人差し指にシルバーの指輪してたけど、そんな感じのおしゃれする人だったっけ?
・マスクに帽子(ハット)姿も映し出されたのに、ちょっと違和感、というか軽いショック。
・そうか・・・宮本もマスクするんだよなあ。当然だけど。そんな世の中なんだなあと、ちょっと気持ちが暗くなる。
・本編開始後、まず聴いて思った。「音がいい!」
・ボーカルマイク無し、ギターもアンプ無しで、すごく空気感がある。
・宮本動き回りすぎで音が揺れるけど、決して聴きづらくない。録音エンジニアの腕がいいのかな?
・カメラ、いったい何台あるの??
・宮本が動き回るおかげで、作業場の風景が良く見えてうれしい。
・これはトミが宮本に罵声を浴びせられていた時に使っていたドラムセットだな・・・
・これは成ちゃんが宮本に罵声を浴びせられていた時に座ってた椅子だな・・・
・これは石くんが宮本に罵声を浴びさせられていた時に・・・(以下略)
・なにげに中国茶器が置いてあったりする。
・「孤独な旅人」で、一瞬バスドラをキックしながら歌う。いいねー!
・ギターがシンバルに当たってがちゃがちゃ言ってるけど(笑)
・マイクにも当たりまくって、ボコンボコン言ってるけど(笑笑)
・「悲しみの果て」でフェンダージャガーを使ってた。珍しい。
・ちなみに、アコギはいつものK.ヤイリじゃなくて、ギブソン使ってた。
・「解き放て、我らが新時代」では、すべてのカメラに向かってドアップで迫って、大暴れ。テンション高くていいッ!
・それにしても、相変わらずギターは間違えまくる。けど、それがまた良い。
・「going my way」のとき、まさかのあの商品を手に取る。ちゃんと用意してあったんかーい!(笑)
・「獣ゆく細道」の弾き語りバージョンは必見!あれだけ難しい曲を弾き語りでやるんだからすごい。勢いでやり切ったって感じ。
・途中でチューニングするとき、チューナーがクリップ式じゃないので膝の上に置いてチューニングしてた。
・それはいいんだけど、チューニング終わったらチューナーを床に投げちゃだめでしょ!壊れるって!
・「デーデ」の歌詞、今のこのご時世に対してめちゃめちゃ毒を吐いているみたいで、気持ち良い。
・スカパラの「明日以外すべて燃やせ」も、口で「パラッパッパッパッパッパ~」って言いながら強引に弾き語りでやり切った。これも必見。
・ラストの「Do you remember?」もアコギで弾き語り。これも強引すぎ。弦切れそう。

観客もスタッフもいない作業場で、何台ものカメラだけを相手に歌いまくり、最後には全身汗まみれになっていました。無観客の配信ライブで、しかも一人で、これだけ熱くなれるってなかなか無いですね。

パワーをもらいました。

でもやっぱり、配信じゃなくて対面するライブにますます行きたくなりました。

あとは10月4日の野音のチケットさえ当選すれば最高なんだけどな・・・。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

スンドゥブ&ビール

今日は今までの暑さはどこへやら、の涼しい一日でしたね。

スーパーの店内もTシャツ一枚では寒いくらいでした。

Simg_9873

そんなこともあって、今日の夕食はスンドゥブにしました。

Simg_9874

熱々の豆腐ウマー!スンドゥブにもビールは合うねー!(発泡酒だけど)

欲を言えば、1人前のトッペギ(韓国土鍋)に入ってグラグラ煮え立ったのを、ハフハフ言いながら柄が長いスプーンで食べたいところです。

どこか本格的な韓国料理店を見つけて、スンドゥブを食べに行こう!

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

フライドチキン&ビール

今日の夕食はカミさん手作りのフライドチキン。

Simg_9800

フライドチキンときたら、そりゃやっぱりビールでしょ!!(発泡酒だけど)

うんめぇー!

ネタがないので、このシリーズはまだまだ続きます!(かも?)

| | コメント (0)

アナログ写真整理

この土日も特に予定がなく、朝から家でプラプラ・・・。

そんな姿を見て、カミさんから「暇ならこの写真の整理手伝ってよ!」と指令が出ました。

Simg_9799

ウチの子たちが学校でもらってきて、封筒に入ったままほったらかされている写真がたくさんあるのです。

分かる範囲で時系列に並べて、アルバムに貼っていきましたが、ずいぶん昔の写真が出てくると、さかのぼって過去のアルバムの余白に無理やり貼り付けていかなければなりません。

面倒だなー。

数ページやっただけで嫌になり、あとはカミさんに任せてしまいました。

以前はアルバムを作るのも割と好きでした。

2014年頃までは頑張ってデジカメで撮った写真をプリントアウトして、一生懸命アルバムに貼っていました。

しかし、Google Photoを使い始めてからはアナログで写真を管理する気がすっかり失せてしまいました。写真も動画も保存できるし、勝手に時系列に並ぶし、検索も家族間の共有も簡単です。

プリントアウトした写真の方が味わいがあるのは分かりますが、整理する手間を考えたらもうアナログアルバムには戻れません。

そうは言っても、クラスごとで集合写真を撮ったり、学校で何か行事があったりしたときのスナップ写真は、未だに紙に焼いた写真しか手に入りません。

もらった写真、どうすればいいの?スキャンしてGoogle Photoにアップしようか?と一瞬本気で考えました。

昔の写真は仕方ないとして、今の時代、写真はプリントしなくていいから、全部デジタルデータでくれ!

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

二女がエレキベースを・・・

「今日、ちょっと大きめのニュースがあるんだけど」

昨夜8時過ぎ、高校で部活を終えた二女が帰宅するなり言いました。

「今度、吹部(すいぶ:吹奏楽部の略)でエレキベース弾くかもしれない」

・・・な、なんだってー!

二女の話によると、現在やっている曲の中でコントラバスのパートが必要らしいのですが、現在の部員にコントラバスができる人がいないのだそうです。

顧問の先生が「エレキベースでもいいんだけど、だれかできる人いないかな」と部員に聞き、二女が「ベースなら、ほんのちょっとだけできます」と答えたところ、「じゃあやってみて」という話になったとのこと。

確かに、「ちょっとベースを弾いてみたいからお父さんのベース貸して」と以前二女から言われて、昔ヤフオクで買ったピグノーズのミニベースを渡していました。

ときどき部屋で弾いていたみたいだけど、そんなの受けちゃって、できるの?

しかし二女はやる気満々で、さっそく学校で渡された譜面をベース用のTAB譜に書き換えていました。

「とりあえず学校で練習してみるから、明日ベース持っていく」と言うので、ギター用のギグバッグ(背負うタイプのギターケース)を貸してあげました。

本当は、もう1本あるスクワイアのプレシジョンベースを貸してあげたいところですが、あいにく現在ナットが欠けてしまっている(部品手配中)ため、ミニベースで我慢してもらうことにしました。これならギター用のギグバッグにも入るしね。

・・・いやーしかし、思わぬ展開です。

いつまでもミニベースって訳にはいかないから、ナットを交換したら、スクワイアの方を貸さないとな。いやいや、もしちゃんとベースやるなら買ってあげなきゃいけないな。買うならあの店かな。やっぱ買うならジャズベースかな。アンプも要るよな。ちゃんと音を出して練習するならスタジオ借りてもいいな。一緒に行ってドラム叩いて合わせたりしたら楽しいな・・・

・・・妄想が止まらなくなってしまいました。

もし二女がステージでエレキベースなんか弾いてたら、感動で号泣してしまいそうです。

そして今朝。

出勤して会社に着いたところで、カミさんからスマホにメッセージが入っていました。

Simg_97951

「一応残してみた」って・・・これ何の写真?

Simg_97741

拡大してみたら、ギグバッグを背負う二女の後ろ姿が写っていました。通学のため家を出たところを、二階のベランダから撮ったものでした。

Simg_97742

カッコいい・・・

ギグバッグを背負って学校に行く高校生って、なんてカッコいいんだろう。昔、ちょっと憧れていました。

Simg_97952

カミさんにすっかり見透かされていました。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »